新型うつ病丸わかりガイド|気分ハツラツ術

特徴と種類がある

男性の医者

耳にするようになった新型うつ病は、環境的な要因が重なったことで発症するケースが多いです。新しいタイプのうつ病が報告され始めたのは数十年前です。その間に体質が劇的に変化した可能性も否めませんが、若い人がかかりやすいのは明白です。便利な世の中になった今、連絡手段と情報確保は全てネットで行なうのが当たり前になっています。コミュニケーションにおいては、社内でチャットを使うなど作業を迅速に行なう便利な方法で、影ではコミュニケーション不足の危険性が高まったいます。ライフスタイルが昔と異なることで環境は常に変化します。仕事は更に忙しくなり、自炊をしない生活が続きます。睡眠の時間が削られることで心身的なストレスになり、社内における適用の弱さが目立つようになります。通勤や衣食住が便利になっていく中、現代人の心は年々冒される一方です。もちろん、ネットを使えばコミュニケーションが楽に取れるため利便性に長けますがその分、人間関係における問題は加速気味です。この劇的な変化が新型うつ病を引き起こす要因になっているとは強く言えずあくまで可能性として話しをしますが、全体を通して見る限りうつ病の形態が変化しているのは見て分かります。

マスコミに取り上げられたことで新型うつ病を知るきっかけになりましたが、新型と言っても種類がいくつかあります。理解を深めることでさらにうつ病への見方が変化しますから、自分を知る意味でもインプットしておく必要があります。新型うつ病の中で最も多いのが現実逃避です。これは仕事をバリバリこなすエリートサラリーマンに多く見られるタイプで、30代前後と比較的若い人に発症します。平日の朝には弱く、変わりに休日になるとスッキリと目が覚めるのは特徴的です。仕事で成功し、忙しい日々を送る充実した毎日でも、知らない所で深いストレスを抱えているケースもあります。このタイプは更に悪化すると仕事への意欲が沸かなくなり、不安や苦悩に悩まされる日々を送ります。そうなる前に、最新治療を施すクリニックの力が必要になりこれ以上悪化しないための治療を施す必要があります。

現代型の場合は、昔からあるうつ病が進化したものを指します。軽症化されているのがポイントで、若い人に多く見られるタイプになります。ほとんどは病院で行われる処方とカウンセリングで良くなりますが、改善が見られない時は別の方法を使い経過を見ます。仕事に対する姿勢が他の人より乏しく、組織への接し方が冷たいです。一体感がなくなり、仲間意識は通常より薄くなります。仕事熱心ではないため、負担が大きくなると逃げ出したくなります。ただ、自分の好きな事には真剣に取り組むため脅迫的な部分はありますがまだ完治出来る余地はあります。最近は成人になる前に新型うつ病を発症するケースが増えています、これを未熟型と呼びますが、双極性障害の1つとして分類されます。私生活や仕事や学校の成績が伸びず、挫折を繰り返すものです。この状態だと私生活で困難に感じる場面が増えるため、苦労することが多くなります。他人へ依存する傾向がありたまに攻撃的になるなど、気分にムラがあるのもこのタイプです。自己中心的でありながら、自己評価が高いのも未熟型に見られる症状です。