新型うつ病丸わかりガイド|気分ハツラツ術

サインを見逃さない

聴診器

家族や知人、友人が新型うつ病にかかった場合、出来るサポートは理解することです。これが出来れば、疾患を持つ患者も非常に安心出来ます。その上、治療へ専念できますから理解することが改善への近道になります。出来ることを1つにまとめていき、現在心の病で悩んでいる人が周囲にいるなら優しく寄り添うようにしましょう。そのためには心のサインを見逃さないことが大切で、気分の変化が激しい・あるいは体調を悪くしているといった症状が少しでも見られた場合は声をかけるようにしましょう。大切な人の話を否定せず、耳を傾けることから始めます。病院へ連れていく流れまで順調にいけば、未来は明るくなるでしょう。その間も治療への協力が不可欠になりますから、家族で協力することが大切になります。

新型うつ病の特徴は、趣味に没頭する間症状が緩和されていることです。ただ、本人は非常に苦しんでいますから、病気のサインを見逃さないよう行動含め、日常の変化を細かく見ていきます。疲れやだるさを毎日訴えてくる場合は、うつ病の前兆かもしれません。また症状が悪化すると食欲がなくなり、体重がだんだん減っていきます。ここまで来ると危険信号が発令されているため、専門医院への受診を促す必要があります。新型うつ病の場合は、仕事にやる気が起きないといった特徴を持ちますので、一見他の疾患より軽く見られがちですが放置するとやがて感情の麻痺が始まります。生気が感じられなくなるとすぐに医師による治療が必要になるため、注意が必要です。急に怒鳴り、感情をコントロールすることができないうつ病に見て見ぬふりは厳禁です。これまでと違う変化に気づくことも早期治療へ繋がりますから、観察は徹底して行なうべきでしょう。良い所を褒たり安心出来る環境作りを徹底したり、無理な気分転換や提案は相手への負担になる場合もあります。そっと見守ることも大切なので、急かさないことも重要なのです。